大衆、高級店は似て非なるレベル

大衆と高級店の違いは何なのか?デリヘルでも比較的安全圏に入る大衆店は女性の質も悪くなく、地雷をガッツリ踏んでしまうリスクを減らします。
まずはここで大衆店と高級店の主な違いについて解説していこうと思います。
@高級店は大衆の1.5倍〜のプレイ料金
A大衆店はモデル、AV女優などの在籍が少ない
Bボーイのサービスが大衆店は不均一
C高級店はよりフェチを追求したプレイOK
D知的レベル、教養を兼ね備えた嬢は高級店
E大衆よりもだいぶ厳しめ高級店の採用基準
F衛生管理、プライバシー保護が最優先は高級店
正直なところ大衆店も高級店並みのサービスと料金設定を導入しているお店も多く、特に中の上の大衆店は高級店と変わらぬレベル。
しかしながら突き詰めて考えて差別化をしてみると、高級店の値段は女の子のルックス、教養、お店の内勤スタッフから、性病に対する予防、衛生対策が最高レベルで、大衆店を凌いでいます。
ルックス一辺倒の女性は大衆店にもいますが、そこに内面の良さ、質の高い会話のキャッチボールを考慮に入れるとやはり大衆店は高級店に完敗です。

性病予防、プレイ満足度を満たしたい方は高級店へ

高級デリヘルはとにかくプレイ料金が高額です。60分あたり25000円が最低ラインで、お店、キャストによってはなかなか強気な「ASK」の文字も見かけるくらいですから……。
10万単位でお金が湯水のごとく減る場合も少なくない高級店は、アナルに即尺、マットプレイなどそれこそ本番以外のプレイであれば、女性も一心不乱にサービスをしてくれます。
あまりに重箱の隅を楊枝で洗うようなプレイはフェチコンセプト店を利用しなければなりませんが、浅く広いフェチは大概高級デリヘル店で消化可能なので、様々な性癖の男性の方のプレイ満足度に寄与します。
またその価格帯がゆえに、いわゆるそれなりの男性しか利用しないので回転率が遅くなります。
何がいいたいかと言うと、つまりところ彼方こちら風俗店をハシゴしたりアプリでセフレを作っている暴れん棒軍団が少なく、性病に罹患する可能性が低くなるということです。
高級店ともなると女性の意識だけでなく、お店の衛生対策、性病検査実施が徹底管理されているので、遊び呆けたいけれど病気が心配という方は高級店を利用するのが良いでしょう。

大衆店でも楽しめるけれど……

一方大衆店はどんな方にオススメなのでしょうか?
基本的にデリヘルの大衆、高級店のプレイのレベルの差は、ソープほど大きくありません。つまりプラスαのフェチやサービス、会話を楽しむのが高級店なので、とりあえずカワイイ女の子、キレイな女の子と楽しめたらいいや!という男性は大衆店でも十分に楽しめます。
60分15000円〜20000円程度のコスパなので、少し節約をすればそこまでお財布を圧迫せずに楽しめるカジュアルさも素敵ですよね。
つまり料金価格を第一優先にして比較的ルックスのいい女の子と遊びたい男性には、一番の選択肢になってくるはずです。
ただしより長いプレイ、90〜120分のプレイをしたい方は、質の高い会話やサービスをこれでもかと体験できる高級店をオススメいたします。
大衆店の中でもモデル級の女の子、ポルノの現場で活躍している女の子もおり、それなりに楽しめますが、やはり高級店の女の子は一皮むけた良さがあります。
一度それの差を体験する為に大衆派の男性も、高級店にチャレンジしてみることをオススメいたします。
なおその際は爪の先から服装など、お客サイドにも清潔感や高級感を感じられる服装、態度が要求されるので、あまりカジュアルになり過ぎないように注意してくださいね。

ホテルにデリヘルが呼べるかチェックできる「デリヘルが呼べるホテル」
デリヘルが呼べるホテル 全国データベース
このホテルデリヘル呼べるかな?と思ったら、デリヘルが呼べるホテル 全国データベース