デリヘル嬢が喜ぶはお金でありギフトじゃない!

デリヘル嬢をもっと喜ばせたい!そんな時に考える、どんなプレゼントが喜ぶかな?しかしながら気の利いたプレゼントを渡せる男性は極々少数。訳の分からない下着に洋服、マフラー、まむしドリンクにサプリメント、大人の玩具に漫画本……、挙げたらキリがないデリヘル嬢へのおかしなプレゼント群。
これらは女性にとってもストレスの一因になるだけでなく失笑もの。また飲み物やケーキなどのスイーツを渡す方もいますが、口に入れるものは基本的に余程女性との間に信頼関係が無ければNGです。
と考えると、果たして何が一番喜ぶのか?それはチップ、つまり現金が一番です。とってもげんきんな女性たち、やっぱり男性客からは心のこもった贈り物よりも、生活資金に変換できるお金のチップが非常に喜ばれます。
なお最近は現金だとアレだから……と、アマゾンや楽天で使えるギフトカードなどをプレゼントする方もいますが、そちらももちろんGOODです。ただしチップを渡しても、お金をあげたのだから今度は本番をさせてほしいなどの、悪しき考えは抱いてはなりません。あくまでサービスに対するプラスαの対価、その性質を第一に考えた上で紳士的にチップを渡してください。

いくら包むべきか?

チップは心意気であり、お小遣いではありません。多額のチップをデリヘル女性にあげる必要はなく、あくまでプレイに対しての感謝のしるしとしてふさわしい額を包みましょう。
いくら渡すかは難しいところですが、プレイ料金のお釣りをそのまま女性にチップとして支払う方法は非常にナチュラルで素敵です。しかし数百円のお釣りの場合は逆に失礼になってしまうので、あくまでケースバイケース。
平均的なチップは2000〜3000円程度が多いといわれていますが、一つの目安としてサービス料金の15〜20%程度と考えれば適切でしょう。例として10000円のサービス料金を払う場合は2000円程度ですが、端数は思い切って切り上げする方がベター。
1800円なら2000円、3800円なら4000円など、女性もジャラジャラハンパな小銭を貰うよりは、お札を数枚貰った方が気分はいいものです。ただし注意点として自分のポケットまたはお財布にある小銭を銀行員の如く手渡すのはNG!
985円、312円などの小銭を貰っても正直なところ、女の子は白けてしまいます。あくまで千円単位、そしてサービスに見合った額を微調整して渡しましょう。ただし必ずチップを渡す必要があるという訳ではなく、不適切なサービスにパネマジで全く違う女性が来て気分を害した場合などは無理にチップを渡す必要はありません。

スマートなチップの渡し方

当然のことですがチップはプレイの前ではなく、プレイ後に渡すものですよ。極稀に訳も分からずプレイ前に数千円のチップを渡す男性がいますが、この行為は女性側に心理的なプレッシャーを与えるだけなので絶対NGです。
プレイ料金の支払いは前払いでデリヘル嬢に支払うところ、プレイ後に渡すパターンがありますが、チップを渡すタイミングは帰り際がベスト!しばし欧米の高級ホテルのドアマンに宿泊客があいさつがてらに握手をしますが、その理由をご存知ですか?
そう握手と見せかけて拳の中に紙幣を忍ばせて手渡しているのです。全く別の世界ではありますが、握手時や、そっとハグをしながら、女性に「これは少ないけれど」などと一言を添えてチップを渡すと喜ばれます。またプレイ内容を褒め称えたり、または次回の指名を匂わすことも忘れてはなりません。
欧米のようなチップ文化がない日本では、チップを渡す習慣がないからこそ、チップの額以上にスマートな渡し方ができる男性は、デリヘル嬢からの印象も非常に良くなるので覚えておきましょう。

ホテルにデリヘルが呼べるかチェックできる「デリヘルが呼べるホテル」
デリヘルが呼べるホテル 全国データベース
このホテルデリヘル呼べるかな?と思ったら、デリヘルが呼べるホテル 全国データベース