デリバリーヘルス店のデメリット

デリバリーヘルスは店舗型と違い、看板や客引きで新規客を獲得することが出来ません。広告などほとんど掲載していないにも関わらず、飛び込み客だけでも十分に利益の出ている店もあり、場所によっては十分に利益を出すことができます。
反面デリバリーヘルスではこの飛び込み客を吸収できない為、こまめに風俗雑誌などでPRする必要があります。これは店舗型ヘルスでも同じことが言えますが、実際の店舗を構えていないデリバリーヘルスでは強い広告効果のあるメディアへの露出が必須となります。

HPがいかに充実しているかも大切な要素になります。
近年インターネットが発達し、ほとんどの客がHP情報を参考にしています。女の子の出勤状況や、新人の紹介、イベントの告知など新規情報には敏感です。

HPは店と客の重要なコミュニケーションツールにもなります。問い合わせに対する迅速な対応は必須となります。

デリバリーヘルスを利用するデメリット

デリバリーヘルスは店舗がないため、実際の雰囲気がわかり辛いというデメリットがあります。
普通のヘルスやその他の風俗では店の雰囲気やスタッフの対応などを見て判断できますが、デリバリーヘルスではそれが出来ません。口コミや評価サイトなどを見て自分で判断しなければならなくなります。

電話等で予約をしてから女の子が来るまで少し時間がかかります。女の子の待機場所からの距離にもよりますが、大体は10〜20分ほどかかります。店舗型の場合はヤリたい!と店に入ればすぐにプレイに入ってスッキリすることが出来ます。
逆に女の子を待っている時間がより興奮を高めて焦らされた分プレイが気持ちよくなるという人もいるでしょうけれどね^^

女の子が訪ねて来て初めて見るので、パネマジ率が高いと言われてます。店舗だと実際に見れるし、すぐにチェンジされちゃうのでパネマジも少しは控えめなのかな?
店によってはチェンジも可能ですが、事前に具体的な希望や好みのイメージは店に伝えるのが賢いやり方です^^

デリバリーヘルスをホテルに呼ぶデメリット

デリバリーヘルスをホテルで楽しむ最も大きなデメリットはホテル代が必要になることです。
デリバリーヘルスのコースによってはホテル代込みの場合もありますが、激安ホテルなので狭く少し寂れたホテルであることが多いです。
女の子は綺麗なホテルが好きです。ショボイホテルだと露骨に嫌な顔をする女の子もいます。女の子に喜んで貰おうと綺麗なホテルを予約すると高くなってしまうのでジレンマですね。

ホテルまでの移動の手間も面倒です。土地勘のない場所ではホテル選びも大変です。

ビジネスホテルやシティーホテルはデリバリーヘルスお断りの場合があります。出張先のホテルで女の子を呼ぼうとしてもそのホテルでは利用できないという可能性もあるので事前の確認は必須です。
またデリバリーヘルスが指定するホテルがラブホテルだった場合は1人で入るのに恥ずかしい思いをすることもあります。

デリバリーヘルスを自宅に呼ぶデメリット

デリバリーヘルスを自宅で楽しむ最も大きなデメリットは自宅の住所という個人情報が流出してしまうことです。
何か問題があった場合などには怖いお兄さんが来てしまうのではないか、という心配もあります。自宅に呼ぶ場合は慣れたデリバリーヘルスを使うことをお勧めします。

場所によってはデリバリーヘルスを呼べない場合もあります。宅配ピザなども配達範囲というものがありますが、デリバリーヘルスも同じことです。また呼べたとしてもあまりにも遠い場所の場合、ホテル利用と変わらないくらいの交通費が必要となることもあります。

女の子のタイプにもよりますが、潮を吹く女の子に遭遇した時など最中は楽しくても、プレイの後の片づけが面倒です。声の大きい女の子だとご近所に聞こえて恥ずかしい思いをするかもしれません。
諸々のことを考えるとある程度プレイは制限されます。

トラブル防止の為に、自宅へは呼べないようにしているデリバリーヘルスもあります。自宅に呼びたい場合には事前に確認が必要ですね^^

デリバリーヘルス嬢から選べるサイト「デリヘル1分間!」
デリヘル1分間 1分毎にデリバリーヘルス嬢が変化するデリヘル時計!気に入った女の子から店を選ぶ新感覚!デリバリーヘルス体験サイトです。厳選されたデリバリーヘルスが紹介されているので、初心者でも安心して使える店ばかりです。お得なクーポンも用意されてますよ〜^^

出会い系攻略